多くの業者は3パターン!ワイン買取業者の買取方法

ワイン買取業者の主な買取方法は3つ

家に眠っているワインは、状態や種類によって、高価で買取してもらえます。
知人からもらったもののほとんどお酒を飲まないという方や、コレクションを処分したい方もいるでしょう。

しかし、どのような手段でワインを売却すればよいのか、方法がわかっていなければできません。

適当な酒店に持ち込めばよいわけではないため、買取を中心に行っている店舗を見つけましょう。
そして、自分の都合のよい方法で売却すればよいのです。

ここでは、主なワイン売却方法の種類を紹介します。

①店頭買取(持込買取)

ワインの買い取り方法としてポピュラーなものに、店頭買取があります。
名前の通り、店舗に持ち込んで、その場で査定してもらう方法です。

一番手軽なように感じますが、実際はどうなのでしょうか?
また、店頭買取のメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょう。

まず、メリットとしては以下の点が挙げられます。

店頭買取のメリット

・近くに店舗があればすぐに持ち込める
・その場で査定してもらえるため手間がかからない
・予約などが不要

しかし、店頭買取にはデメリットもいくつかあります。

店頭買取のデメリット

・店舗が遠い場合ワインボトルを持って移動しなければならない
・移動中にボトルが割れる危険性がある
・複数店舗をまわるのが困難
・予約がいらない分待たされる可能性がある
・大量のワインを持ち運ぶのは難しい

店頭買取を希望する場合、近くに店舗があるかどうかが一番のポイントです。

家から歩いてすぐの場所に店があるなら、それほど手間や危険もないでしょう。

また、高価で買い取ってもらうより、すぐに不要なワインを処分してしまいたい方に向いています。

店頭買取では他の店と比べることが難しいためです。
他の方法を試すのが面倒で、あまり売却価格にこだわらないのであれば、店頭買取でも大きな問題はありません。

②宅配買取

宅配買取は、自宅にあるワインを宅配便で店舗へ送る方法です。
店まで出向く必要がなく、ワインを持ち歩くこともありません。

近くにワイン買取を行っている店舗がない場合、役に立つ売却方法と言えます。
では、宅配買取のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリットには以下が挙げられます。

宅配買取のメリット

・自宅から出ることなく売却作業が終了する
・代金などが振込されるためスムーズ
・宅配業者が梱包材を用意してくれる
・高価買取対象のワインがサイトなどで確認できることが多い

デメリットは以下の通りです。

宅配買取のデメリット

・大量のワインがある場合など梱包に手間がかかる
・場合によって送料がかかる(大半は無料)
・買取できない、査定に満足行かない場合返却が必要
・スタッフと話ができない
・稀にボトルが割れるなどのトラブルがある

ワインの数が多すぎて、自分で梱包できないなどの問題がない限り、店頭買取よりもスムーズです。

やり取りは宅配業者のみで修了し、査定が終われば買取代金が振込されます。

もしワインの状態が悪く買取できない場合や、査定に満足がいかない場合面倒ですが、それ以外ではスムーズな買取方法と言えるでしょう。

③出張買取

出張買取は、店舗スタッフが家に出向き、ワインの買取をしてくれるサービスです。

多くの場合費用はかかりませんが、わざわざ来てもらったのだからと断りにくく感じてしまう方もいるかもしれません。
店頭買取より楽ですが、予約などは必要です。

メリットとデメリットは以下の通りです。

出張買取のメリット

・自宅で直接話をしながら査定額を聞ける
・直接金銭のやり取りができて会計処理が早い
・大量のワインがあっても運んでもらえる
・ボトル破損などのトラブルが起こりにくい

出張買取のデメリット

・事前に予約が必要
・安い査定額を告げられても断りにくい
・自宅に業者を上げる必要がある

ここまで見てきて、「出張買取が一番よい方法なのでは?」と感じた方もいるかもしれません。
基本的には、メリットが多くデメリットの少ない売却方法です。

しかし、デメリットが大きいと感じる方も多いでしょう。
自分で呼んでいるためセールスとは異なりますが、いざ異常に安い査定価格を提示されても断りづらくなってしまいます。

一人暮らしや、家にいるのが女性だけの場合など、業者を家に呼ぶこと自体抵抗を感じることもあるでしょう。

とは言え、 故人のコレクションワインをすべて売却するなど、持ち運びや梱包が難しいケースであれば出張買取は有利な方法です。
優良業者を見極めて利用すれば、問題はありません。

関連記事「ワイン・お酒の出張買取対応業者紹介

査定に関してはLINEなどで手軽にできる業者が多い

画像:https://ushigyu.net/2015/03/30/tell-line-address/

いざ店舗や宅配で売却しようと考え実行した後、査定に満足がいかないとなると面倒です。

しかし、ほとんどの買取業者は、LINEなどで事前に簡易な査定を行っています。
よほど状態が違っていたとならない限り、査定額に問題を感じることは少ないでしょう。

LINEやネット査定では、写真を撮影して添付するケースが多いため、きちんとした査定額が出やすいことも特徴です。
また、電話やFAXでも査定は行われています。

数本程度のワインを処分するのであれば、銘柄や年代、状態を口頭または紙に書いて伝えればよいだけのため簡単です。

店に持っていった後や宅配で送ってから、ほとんど買値がつかなかったというトラブルは避けられます。

まとめ

ワインの買取方法は主に3種類ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自分がどのような状況で、どの買取方法にメリットを感じるかで方法を検討しましょう。

多くの場合、事前に簡易査定されるため、売却額は予測できます。