ワインを売るならどっち?お酒買取業者・ワイン買取専門業者の違い

ワイン買取業者とお酒買取業者の違い

ワイン買取サービスを行っている業者は、ワイン買取業者だけではありません。
さまざまな酒類を取り扱っているお酒買取業者もワインの買取をしてくれます。

ここで疑問になってくるのは、ワイン買取業者と、酒全般の買取業者の違いについてではないでしょうか。

そこでここでは、二つの業者の違いについてご紹介します。

お酒買取業者はワイン以外のお酒も買取している

お酒買取業者は基本的に酒類全般を取り扱っているので、ワイン以外のお酒の買取も行っています。

反対に、ワイン買取業者はワインのみ買取対象にしている業者です。
このことから分かるように、ワイン以外にも売りたい酒類がある人は、お酒買取業者を利用した方が効率が良いでしょう。

また、お酒買取業者の中には、高級酒の空のボトルや化粧箱など、お酒に関連するアイテムの買取も行っています。

手元にドンペリやバカラの空ボトルがあるという人は、試しに査定に出してみてはいかがでしょうか。

ワイン買取業者はワイン専門

ワイン買取業者は、前述のお酒買取業者と異なり、ワイン以外のお酒を買取対象としていません。

そのため、買取してもらうことができるお酒は、ワイン限定になります。

他の酒類を買取してもらうことはできませんが、ワインの買取を専門にしていることもあり、ワインの買取金額に満足できるケースが多く、たくさんのワインを買取して欲しいという人におすすめです。

関連記事「ワイン買取に特化!ワイン買取コンシェルジュ錦糸町本店の紹介

ワインを売るなら「ワイン買取専門業者」がおすすめ

前述ではワイン買取業者とお酒買取業者の違いについてご紹介しましたが、ここでは、ワインを売る時にワイン買取専門業者がおすすめの理由についてご紹介します。

ワインを売りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

①ワインを正確に査定してくれる

ワイン買取専門業者に依頼することで、より正確に査定してもらうことができます。

正確に査定してもらうことができる理由は、ソムリエ資格保有者や豊富な知識や経験を持ったバイヤーの人が査定してくれるからです。

ワイン買取専門業者では、スタッフに対して厳しい研修を設けていることもあります。

お酒買取業者の場合、ソムリエ資格を保有している人は少ないため、残念ながらワインを正確に査定してもらえるとは言い切れません。

その点、ワイン買取専門業者に頼むことで、適正価格での買取を行ってもらうことができます。

また、買取を担当してくれるスタッフはワインに対する知識が豊富であるため、スタッフとのやり取りでストレスを抱えたり、嫌な思いをしたりすることがありません。

②ワインの販売ルートが確立されているため高額買取につながる

ワイン買取専門業者を利用することで、高額買取につながります。

高額買取につながる理由の一つには、ワインの販売ルートが確立されていることが挙げられるでしょう。

ワイン買取専門業者が持つ販売ルートは業者によって異なります。

例えば、お酒を使うことが多い飲食店とのルートを持ったり、海外に販路を設けていたりすることで、再販する際のコストを削減に成功している業者も少なくありません。

何より、専門店だからこそ、人気の高いワインや世界市場のトレンドを常に把握しているため、正確かつ、高額買取につながります。

また、中間マージンを省き、店舗や人員などのコストまで徹底して削減することで、買取金額を高く設定することができるという業者も多いです。

WEB上にお店を構える「無店舗型」の販売を行うことで、余計なコストをかけません。

このような独自の販売ルートを持っている点や、徹底したコスト削減を行っている点が、ワイン買取専門業者の強みです。

より高額でワインを買取してもらいたいという人はもちろん、たくさんのワインを買取して欲しいという人は、ワインを専門に買取している業者の利用がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

最後に、ワイン買取専門業者についてまとめます。

・ワイン買取専門業者はワイン限定で買取してもらえる
・ワイン買取専門業者のスタッフはソムリエ資格保有者や、知識豊富なバイヤーになるため、正確な査定に期待できる
・独自の販売ルートを持ち、徹底したコスト削減に取り組んでいることから、ワインの高額買取が実現している

ワインの知識が豊富とは言えないお酒買取業者や質屋でワインを買取してもらうよりも、ワインの買取を専門にしている業者に買取してもらった方が、満足度の高い結果が得られるでしょう。

実際、ソムリエの方だから安心して任せられるという声や、いただきもののワインを高額で買取してもらえたなど、口コミも満足度の高い内容が多く見られます。