【買取に出す前に】ワインをより高く売るには?減額対象についても

ワインを買取に出す際、1円でも高く売る方法

ワインを買取に出す際、なるべくなら1円でも高く売りたいという人も多いのではないでしょうか。

流通数が少なく、希少性の高いワインであれば元々高額な買取価格が付けられますが、より高く売るためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

ここでは、ワインを買取に出す際に1円でも高くする方法についてご紹介します。

①簡単に清掃する

ワインの買取金額を1円でも高くしたいという人は、買取りに出す前に、簡単な清掃を行っておくことをおすすめします。

例えば、ボトルのホコリを拭き取ったり、ラベルを丁寧に拭いたり、ひと手間でできるような清掃で問題ありません。

このような清掃は無駄じゃないのか?と思う人も多いかもしれませんが、ワインは中身だけが重視されているわけではなく、ボトルやラベルなどの外観も査定対象です。

ワインという性質上、長期間保存されているものも少なくないため、ホコリやカビがないだけでも、買取スタッフの印象はプラスになります。

ただし、ラベルの汚れを無理に取ろうとするあまり、ラベルを破いてしまったり、傷つけてしまったりすると、買取査定に響いてくるので注意が必要です。

ワインコレクターはラベルを重要視する人が多いので、無理に汚れを取らない方が良いでしょう。

②付属品がある場合は全てつける

付属品が付いているワインはそれほど多いというわけではありませんが、高級ワインの場合、化粧箱や元箱、替え蓋などの付属品が付いていることがあります。

高級バーのように、ボトルや化粧箱、替え蓋をコレクションする人も多いため、付属品を全て付けることで高額査定に繋がるでしょう。

できる限り完璧な状態で保存しておくと、その分高額な買取をしてもらえるので、ワイン本体だけではなく、付属品もしっかり保存しておくことをおすすめします。

③大量のお酒を一気に買取に出す

ワインの買取は1本から申し込むことができますが、大量のお酒を一気に買取に出すことで、買取金額が少し増えます。

「大量のお酒」はワイン限定というわけではないので、ウィスキーやビールなど、さまざまなお酒を買取に出してみると良いでしょう。

また、人気の高いお酒を買取に出すと、少し高値で査定してくれることもあります。

人気のお酒とは、例えば、ビールのアサヒやエビスなどのことを指しています。

お酒の好みは人それぞれ異なりますが、大衆受けするようなお酒を大量に出すと、業者さんがプラス査定をしてくれるでしょう。

減額の対象となるケースは?

ここまで、ワインを1円でも高く売る方法についてご紹介してきましたが、反対に減額の対象となるケースについてもご紹介します。

場合によっては大幅な減額対象になってしまうこともあるので、ワイン買取サービスを利用する前に、ぜひ参考にしてみてください。

①ボトルが欠けている・ラベルが剥がれている

ワイン買取の際、ボトルが欠けていたり、ラベルが剥がれていたりすると減額対象になってしまいます。

減額の幅は業者さんによって微妙に異なりますが、共通して言えることは「大幅な減額になる」ということです。

ボトルやラベルはコレクターにとって重要なポイントになります。
一般購入者であっても、ボトルが欠けていると購買意欲が下がってしまいますよね。

そのため、買取前に簡単な清掃をする場合は、ボトルやラベルの取り扱いに気を付けるようにしましょう。

また、大きな減額を避けるためにも、大切に保管することをおすすめします。

②濁りや変色が見られる

ワインを長期間保管していると、濁りや変色が見られるケースがあります。
このことを「色調不良」というのですが、もちろん色調不良はマイナス要素になるため、減額対象です。

本来の色味から濁ったり変色したりしてしまう原因はいくつかありますが、開栓前の場合、その多くは温度変化と振動が原因になるでしょう。

ワインは変化のない低温と静置保管する必要があります。
ワインの保管にワインセラーを利用する理由の一つが、前述の保管方法をクリアするためです。

ワインセラーなしで保管する場合は、日光を避け、低温を保てる部屋で保管するようにすると良いでしょう。

また、ボトルは横に寝かせて、振動しない場所に保管することをおすすめします。

③液面低下

液面低下という言葉がありますが、これは液量(お酒の内容量)が減ってしまっていることを指します。

ワインはコルク栓がしっかりしてあるから大丈夫と考える人も多いですが、実は未開封であっても蒸発してしまうケースも少なくありません。

液面低下したから買取を受け付けてくれないということはありませんが、やはり減額対象になるので、なるべく液面低下しない内に買取に出すことをおすすめします。

ただし、著しく内容量が減っている場合や、コルク部分から漏れてしまっている、いわゆる「液漏れ状態」の場合、買取してもらうことができないケースも少なくありません。

仮に買取してもらえるとしても、大きく減額されてしまうでしょう。

ワインは1年につき3%ほど減ってしまうと言われていますが、水分が抜けることで熟成が進み、より味わいのあるワインに変化する可能性も秘めています。

ほとんどの場合で減額対象になりますが、ワインによっては価値を高めてくれるので、最初から諦めるのではなく、査定だけでもお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ワインを買取してもらう時の減額対象についてまとめます。

・ボトルやラベルなどの外装の状態が悪いと減額対象になってしまう
・濁りや変色などの色調不良が発生していると減額対象になる
・液面低下は基本的に大幅な減額対象として扱われている
・付属品が全て付いていないと完備品に比べて減額されてしまう

ロマネ・コンティをはじめとする高級ワインであっても、上記の減額対象は変わることがありません。

むしろ、高級ワインほど、ボトルやラベルの状態は重視されるケースが多いので、外装の状態には気を付ける必要があります。

また、付属品を全て付いていないから大幅に減額されるということはありませんが、完備品のものと比べると減額されてしまう点にも注意が必要です。

関連記事「逆に高額買取になるワインとは?