こんなワインは高額買取!高値がつくワインの特徴

高額で買取してもらえるワインの特徴

ワイン=高級品というイメージを持つ人も少なくありませんが、実は、ワインの中には高額買取してもらえるものと、そうでないものがあります。

ワインには、コンビニやスーパーで売られている比較的リーズナブルなものから、バイヤーを通さなければ購入できないような超高級ワインまであるため、買取金額もマチマチです。

そこでここでは、高額で買取してもらえるワインの特徴についてご紹介します。

①流通数が少ないワイン

流通数が少ないワインは、高額で買取してもらえる代表的な特徴と言えます。
ワインに限らず、希少性の高いものは高額で売却することができるので、これは分かりやすいのではないでしょうか。

流通数が少なく、希少性が高いワインの代表的な存在は、やはり「ロマネ・コンティ」です。

ロマネ・コンティは年平均6,000本程度しか生産されていない希少性はもちろん、圧倒的なブランド力を誇ります。

世界中のセレブから注目されているワインで、過去には1杯約19万円という価格が話題になりました。

その他、流通数が少なく、希少性の高いワインは数十万円~数百万円で買取してもらうことができます。

②もともとの定価が高いワイン

定価が高いワインほど、高額で買取してもらいやすいでしょう。

定価が高いということは、それだけその物の価値があるということです。
当然、ワインも例に漏れません。

もともとの定価を調べることは比較的カンタンにできるので、自分でも買取相場を大体把握することができます。

ただし、ワインは定価が高ければ必ずしも買取が高額というわけではありません。

もちろん、高額で買取してもらいやすいのですが、保存状態によってはその限りではないということです。

ラベルの汚れや液面低下などのマイナスポイントに気を付けることで、高額で買取してもらうことができます。

③人気が高いワイン

ロマネ・コンティや5大シャトーなどの高級ワインは高額で買取してもらうことができますが、人気の高いワインも高額買取の対象です。

人気の高いワインは買取サービスを行っている業者にとって、リスクが限りなくゼロに近いため、積極的な買取を行っているケースが多く見られます。

リスクが限りなくゼロに近いというのは、少し高めに買取を行った場合でも、再販すると在庫があっという間にはけてしまうからです。

お店側も商売ですから、やはり、買取して在庫を抱えるというのは避けたいのでしょう。

そのため、高級ワインはもちろん、人気の高いワインの買取を積極的に行っているというわけです。

高級ワインの買取金額と比べるとその差は歴然ですが、殆どの場合、数千円~数万円単位の金額で買取してもらうことができるため、十分な金額ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

最後に、高額で買取してもらえるワインの特徴についてまとめます。

・流通数が少なく、希少性の高いワインは高額買取してもらえる
・定価の高いワインは状態が良ければ高額買取の対象になりやすい
・人気が高いワインも高額買取の対象になり得る

無条件で高額買取の対象になるのは、やはり流通数が少なく、希少性の高いワインです。

高級ワインの代表格であるロマネ・コンティの場合、250万円という価格が付く可能性もあります。

ワインをいただくことがあったり、贈答品としていただいたりした際には、良い状態で保存するように心掛けてはいかがでしょうか。

関連記事「逆に減額対象になるワインは?