古いワイン、売れるか不安…ワインの賞味期限について

古いワインでも売れるか不安…

ワインの買取を依頼したいという人は多いようですが、古いワインでも売れるのか不安という人も少なくありません。

せっかく買取業者に連絡したのに、買取不可という言葉が返ってくるとガッカリしてしまいます。

しかし、基本的に古いワインというだけで買取不可にはなりません。

ワインは元々熟成してできるお酒なので、古いというだけで買取できないと言われることはなく、拒否される場合は他に理由があります。

例えば、著しいコルクの破損だったり、注ぎ口に付いているビニールフィルムが剥がれてしまっていたりなどの場合です。

古いワインであっても、「未開封」かつ「偽物の疑いがない」ワインのほとんどは売ることができます。

そのため、単に古いから売れないのでは……と不安に思う必要はないでしょう。

ワインに賞味期限は無い

基本的に、ワインに賞味期限や消費期限はありません。
余談ですが、賞味期限は美味しく食べたり飲んだりできる時期を示し、消費期限は安全に飲んだり食べたりできる時期のことです。

ワインに賞味期限などがない理由はいくつかありますが、一つには、保存状態によって保てる時期が異なるからということが挙げられます。

ただし、ワインに賞味期限などがないのは「未開封」に限るため、開栓したものは例外です。

開栓してしまったワインは酸化が進んでしまうため、早めに飲み切るようにします。

未開封であれば賞味期限などを気にすることはないので、適切な保存を心掛けるとよいでしょう。

変色などが見られる場合は買取を断られるケースも

古いワインでも基本的に買取りをしてもらえるということは冒頭でご紹介しましたが、著しい変色や破損が見られるワインは買取を断られてしまうケースもあります。

買取業者はその後に独自の販路を使って売りに出しますが、ワインの状態が良くなければ売ることができません。

そのため、変色や破損など、状態がひどいワインは買取を断っているという業者も多く見られます。

買取依頼する際には、このような点に気を付けるようにしましょう。

関連記事「【買取に出す前に】ワインをより高く売るには?減額対象についても